武藤理恵瑠(りえる)の経歴や体重は?出身小学や家族と姉も気になる!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!
今日は次女の小学校で引取訓練があり、とっても暑かった(*_*)
しかも3歳の三女を連れて行ったので、途中でコンクリーの花壇の仕切りを渡って歩いたり、葉っぱを拾ったり、あっちこっち寄り道しては進むので、いつもの倍ぐらい時間がかかって…帰ってきたときにはクタクタの汗ダクダクでした(-.-;)
体力ないので、太陽の光を浴びるだけでも疲れ切ってしまいます…

スポンサードリンク

体力ある人はこんなことでぐったりすることはないんでしょうかね?
たとえば、最近話題のウエイトリリフティングの武藤理恵瑠さんとか!

なんで話題なのかって?
武藤理恵瑠さんは、弱冠15歳!史上初中学生で全日本選手権に挑戦されるからです!!!
しかも、すでに東京オリンピックでの活躍が期待されているんですヨ(@@)
三宅宏実選手に続けるのか!?
これはもう注目が集まっっちゃいますよね!

プロフィール


まずはプロフィールからの紹介です!
武藤理恵瑠(むとうりえる)
生年月日:2002年4月14日
出身地:京都府
体重:45㎏
出身小学校:与謝野町立岩滝小学校卒業
在学中学校:与謝野町立橋立中学校

体重
体重、以外に少ない…
ウェイトリフティングというともうマッチョな男女が「えいっ!!!」って重りを持ち上げ、ドスン降ろすやつですよね(^^)
しかし、体重別に階級がわけられるので45Kgという軽めの体重でも活躍出来るんですね!

姉の瑠香さんが高校生の時、全国高等学校女子ウェイトリフティング競技選手権大会で48㎏級で優勝し、その時理恵瑠さんは小学校6年生だったそうです。
その影響で理恵瑠さんもウェイトリフティングを始められたようです。

最近ダンナがダイエットの為にジムに通い始めたのですが、15kgのバーベルを持ち上げるので、「筋肉痛で駅から家まで歩いて帰れないから迎えに来てくれ」って電話があるんですよ!
それなのに、理恵瑠さんはその倍の重さを中3で持ち上げるっていうんだからビックリです

兄妹
現在は武藤理恵瑠さん、中学3年生ではありますが、お姉さんの卒業した加悦谷高校で練習を行っています。
そもそもに女子ウェイトリフティング部がある高校って、限られてしまいますもんね!
そこの部活顧問の川畑勤教諭は日本代表のコーチをしていたこともある指導テッパンのコーチなんですね!

武藤理恵瑠さんは昨年2016年7月の全国大会で44kg級で2位の成績!
スナッチの部では55kgを挙げ中学生女子の日本新記録を出しました!!
11月の「アジアユース選手権」に唯一中学生で参加、日本代表を務めました!
そしてスナッチで56㎏、ジャークで66㎏の記録更新を果たしています。

国際大会の総合は3位の銅メダルでした!国際大会ですよ!!!
しかも初出場!なかなかの度胸の持ち主と思われます(^^)

そして、中学校3年生、15歳です!
青春真っ只中(*^^*)
私生活ではどんな感じの中学生?気になっちゃいます!
…まさか不良グループのボスを両手で持ち上げてグルングルン振り回して…なんてwww
あ、とってもフツウの女の子のようです(*^^*)
芸能人やテレビについて友だちとリプしあったり、恋をしたり…
恋!!!すばらしい響きね♪俄然テンション上がってきましたwww
彼氏はいるのかしら?
おおお!どうやらいるようです(@@)!
しかもなんと同じアスリート仲間の愛知県立新居浜工業高校在学中の山口優人さんだとか?
武藤さんのTwitterプロフィールで山口さんのアカウントはハートマークでデコられているらしいです!

山口さんも中学生からウェイトリフティングを始め、現在56Kg級で活躍されている選手です。
今年2017年3月の全国大会では優勝した実力の持ち主!
彼氏彼女ともに期待の新星カップルとして東京オリンピックでは報道されそうですね(*^^*)

今後の武藤理恵瑠さんの活躍に注目です!!!!

まとめ
藤理恵瑠(むとうりえる)
生年月日:2002年4月14日
出身地:京都府
体重:45㎏
出身小学校:与謝野町立岩滝小学校卒業
在学中学校:与謝野町立橋立中学校

姉・瑠香さんの影響でウェイトリフティングを始めた。
昨年2016年7月の全国中学女子大会で44kg級で2位の成績。
スナッチの部では55kgを挙げ中学生女子の日本新記録を出しました。
11月の「アジアユース選手権」に唯一中学生で参加、日本代表を務め
スナッチで56㎏、ジャークで66㎏の記録更新を果たす。
発の国際大会の総合は3位の銅メダル獲得。
彼氏がいるらしく、相手は同じウェイトリフティングの選手、愛知県立新居浜工業高校在学中の山口優人さん?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。