カールのうすあじは売ってないの?販売中止や理由を調査してみた!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

おはようございます。最近、色んな事で忙しくて嫌になることもあります。
皆さん、凹んだ時は何を、してるんですか?
色んな方法があると思いますが。
例えは、自分はまだ、やれるんだと言い聞かせる!!人に何を、言われようが自分はやれるだと信じて頑張る!!
呑みにパーっと出掛けてスッキリする。
好趣味に没頭する。人それぞれだと思います。なんでも、後になってみると大したことなかったりするので、今は大変ですけど、自分を信じて、後でなーんだと大したこと無かったね言えるのうにコツコツこなして、行こうっと!!

スポンサードリンク

今回、話題になっていることを紹介します。
お菓子好きの人は気になるのではないでしょうか?
昔から、食べているヒット商品でロングセラーの商品が話題になってます。
カールのおじさんでお馴染みのカールの販売中止についてです。

カール


大手製菓会社の明治はスナック菓子「カール」を2017年8月生産分を持って全国販売を中止し、販売地域を西日本地域限定すると決定、5月25日に発表。

えええ~???
カールが食べられなくなっちゃうんですね!
8月までは生産されるということなので、まだ全国で販売はされているんですね。

販売中止
さて、何でなくなってしまうんでしょう?
消費者のニーズの変化で収益が低迷してしまったのが原因のようです。
最近はじゃがいもを原材料とするポテト系スナックが人気でコーンが原材料のカールは売上が伸び悩んでしまったようです。

カールは原材料のコーングリッツを練って特殊な器械で180℃まで加熱し一気に押し出すと、あの形状にできあがるんですって。
油であげていないんですね~(゚∀゚)
食べごたえがある割に、ヘルシーなおやつじゃないですか!!!

「カール」の名前は、かるーい感じのスナックと、クルッと巻いた形状からつけられたそうで、子供の頃あの形が好きでよく組み合わせてみたり、指にはめてみたりしながら食べた覚えがありますw

カールの販売は1968年、実に49年前。
たしかにワタシのモノゴコロついた頃からありました。
四人兄妹で一袋を分けてケンカになったりしましたwww

その頃はたしか、「うすあじ」とか「チーズあじ」が主だった思います。
今は「カレーあじ」とか「大人の贅沢カール」なんてのもありますね。
小つぶカールなんて食べやすいサイズも出して頑張ってたんですけどね…そちらもなくなってしまうみたいです。

実に半世紀近くも続いたカール、なくなってしまうのはほんとうに残念。
社内でも全面販売中止は考えていたようなのですが、どうにか残すことができないかと検討して西日本地域のみの限定販売となったそうです。
英断ですね(*^^*)
なぜ、西日本なのか?というと、、これまでカールの生産拠点は全国の4箇所にあったそうですが今回四国の子会社「四国明治」に生産集約となったそうで、物流面から東日本となるのだそう。

しかも、種類も縮小「カールチーズあじ」「カールうすあじ」の2種類になるそうです。
残るのは「うすあじ」とか「チーズあじ」か~~
よかった!!「チーズあじ」は残るんですね^^;
でも、「カレーあじ」も好きだったんだけどな…

なんでこの2種類かというと、全国でカールといえば何味か?という調査を行なったところ東日本ではチーズ・うすしお・カレーの順、西日本ではうすあじ・チーズ・カレーの順だったそうです。
それで、今後販売継続の西日本の1,2トップ「うすあじ」「チーズ」が残ったわけですね。
現在でもやはり、関東ではチーズのほうが店頭で目にすることが多いですね。
きっと、西日本では店頭にうすしおが多く並んでいるんでしょうかね。

とりあえず、完全に消滅ではないのはうれしいですね!!
うちの子どもたちもカール、好きですもの(*^^*)
今後は、ダンナの両親が九州から来た時にでも買ってきてもらおうかなwww

ヘルシーでおいしく楽しいカール、いつか全国販売復活を目指してほしいです!!!
ジャガイモに負けるな!!!
ま、ポテチとかも大好きですけど…(^_^;)

まとめ
明治「カール」は8月生産分で東日本の販売を終了する。
東日本では「チーズ」西日本では「うすあじ」人気のため店頭販売の比率には地域差がある。
今後、西日本では販売されるが、残るのは「うすあじ」とか「チーズあじ」のみ。
「カレーあじ」「大人の贅沢カール」「小つぶぶカール」シリーズは完全に販売終了。
販売終了理由はじゃがいも系スナックが人気となっており、コーン原材料のカールは売上

カールのうすあじやカレー味2017が売ってない?!販売店を調査してみた!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。