アスパラ高値はなぜ?いつまで高いの?不作理由や販売店を調べてみた!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

おはようございます!
昨日は久しぶりにピーマンの肉詰め?を作りました!
肉詰めと言っても我が家ではさばの水煮缶を使いますwww
お肉より柔らかく、カルシウム強化も図れ、お安く済むのに子どもたちは喜んで食べてくれます(*^^*)
ピーマンも食べてくれるしね!!!
ところがです!3歳の三女、なんとピーマンを剥がし始めたではないですか!!!
ダメだよ、一緒に食べなさい!と、言おうとした時…
さらになんと!!!ピーマンだけパクっと一気食いΣ(゚Д゚)!!!
普段からなんでもよく食べる食欲全開の三女には、ピーマンも関係ないらしい…^^;
上の二人の娘は料理によってピーマン食べれたり食べれなかったり…
昨日の肉詰めはやはり好評でした!

スポンサードリンク

しかし、我が家でみんな嫌いな野菜があります…それはホワイトアスパラ!!
グリーンアスパラはみんな好きなくせに、何故かパパまでホワイトアスパラは嫌いみたい!

今日はそんなアスパラが、最近な値上がりしているという話題を聞いたので調べてみました!

アスパラガス、今年はなぜ高い?

アスパラってもともとそんなに安いお野菜ではないですよね?
それが値上がりしてしまったら我が家ではまったく買えなくなってしまいそう(T_T)
実際、スーパーでも、Coopでも、去年より確かに高いです!
生協では去年の今頃1キロ3120円で売られていましたが、今年は1キロ3980円と、860円も高い!!!
近所のスーパーでも1袋3本入って200円!いつもはもう少し入って100円~150円のような気がします。
今がちょうど収穫時期なので、まだ店頭には並んでいるようですが、今後品薄となりスーパーから姿を消してしまうかも…?

さて、品薄の理由はどうやら昨年秋の天候不順によるものみたいです。
そういえば、たしかに、去年はやたら台風が北海道に行ってましたね!
台風5号は特に深刻で、日照不足と低温の影響ですでに早い時期からアスパラガスの不作は予想されていたようです。

鮮度命のアスパラは空輸便で全国に運ばれます、ネットでの購入も多い品です。
しかし、ある北海道の農家では例年の太い2Lサイズのものはほとんど取れないようで、細いサイズのものに変えて販売するかキャンセルするか、購入者に確認中とか…
アスパラガスが地面から出てこない、伸びない、ととっても大変そうです(*_*)
北海道は今でもまだ寒いようで、アスパラの成長も遅く出てきてもヒョロヒョロが多いみたい。

今後、いつまで高いのでしょう?
そもそもにアスパラは種を蒔いてから収穫までに3年かかるそうです。
地中で伸び育って顔をだした葉ではなく、生まれたてほやほやの茎をいただくわけですから、大切なのは地中での環境ということになります。
なので、今のこの時期の天候というより、昨年どれくらい光を浴び土内の温度が保たれたのかが重要です。
去年地中で過ごしていたアスパラたちは台風の影響で十分に育つことができなかったわけですね。
なので、顔を出す時期も遅いし細いものが多い。
というわけで、今年いっぱい来年の収穫シーズンまでは高い可能性があります。
ただ、ハウス栽培などもあるので完全に姿を消すより、値段が高いままスーパーに並ぶ、というわけじゃないでしょうか。
キャベツやじゃがいもみたいに日常的に使う野菜でもないですしね。
買い置き出来るお野菜でもないので(*_*)

今年は異常気象が起こらず、早くアスパラベーコンが我が家でも食べられますように!!!

まとめ
アスパラガスの値段は通販やスーパーでも値上がりしている
店頭にはまだ並んでいる
アスパラガス高沸の理由は去年秋の台風による日照不足と低気温による
アスパラガスの不作は、地中での成長工程の問題なので来シーズンまで高値が続く可能性あり。
日常的に使用する野菜ではないため、高値にはなるがスーパーから姿を消すことはなさそう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。