サキアスの評判や取扱店舗と値段!ヒールでも痛くない秘密とは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!
この前、ダンナとデートで都内のホテルのビュッフェ行ってきました!
ちょっと、なかなかイイ感じのとこなので、頑張っておしゃれして…
サイコーに美味しく、眺めもキレイで素晴らしかったです!!!
ところが、困ったことがありました。

スポンサードリンク

自宅から最寄り駅まで徒歩10分、電車でホテルまで約1時間…
そして、ちょっとぶらついて、1時間。
足が、足が、足が痛くて…帰りはダンナの肩につかまって歩くほど痛かった(T_T)

通勤で、デートで、なんとか足が痛くならない方法はないの?
んな、悩みの女子に救世主現る!ヒールなのに芝生の上、なんて夢のような靴があるらしい!!!

サイアス

それは「サキアス」というブランドの靴!

なんでもデザイナーの瀧見サキさんというかたが立ち上げたブランドで、オシャレで通勤などのストレスをなくすために開発された靴なんです!
ガマンしないことはオシャレをやめ女を捨てるってことと同義と思っていたので、目からウロコです!
このデザイナーさんの意気込み、同じ女性としては感服です。

プロフィール
瀧見サキ(たきみさき)
1977年生まれ
大学卒業後留学し、帰国後に企業に就職されたそうです。
サラリーマンをやめて、クツの専門学校に入学、基礎から学び、独学で解剖学まで学んで、如何にしたら女性の足元を解放できるか真剣に取り組まれてき通勤などを通して女性が我慢してきれいな靴を履くことに疑問を持ち靴の研究をはじめ「サキアス」ブランドを立ち上げられたんですって。

フィッティング
シューズフィッティングは今やだいぶ普及しましたが、ヒールでストレスフリーはなかなかないですよね!
そして、この靴は、口コミもかなり良いです!
スニーカーを履く感覚、とか、本当に芝生の上を歩いているみたいな履き心地、など!
履き心地と洗練されたデザイン、みんな早くこのクツに出会いたかったって思ってらっしゃるようです!
それは瀧見サキさんがこだわって解剖学まで掘り下げて身体の負担の軽減まで研究されたからなんですね!!!

ワタシもけっこうかかとの高いヒールを履くのですが、いつも足の痛さに悩んで、結局普段は低めの無難なパンプスになりがちです。
でも、この靴について、フットケア専門の看護師の友だちに聞いてみました。

サキアスの楽ちんなは着心地の秘密は、その構造にあります。
普通、靴のかかとが高くなればなるほどつま先に掛かる負担は大きく、その負担は膝や腰でカバーしなくてはならないので姿勢自体も悪くなってしまうそうです。
がまんして履き続けると、のちのち外反母趾や腰痛の原因になってしまう。
でも、サキアスの靴は、つま先にすべて掛かる負担を足全体と足首までで担うため、非常に楽に履ける、というわけです。
そして歩き方も自然で、美しく履けるのだそう。
たしかに、デザインとして足首までベルトなどで覆われています。
そして、女性らしさを出すために高さはあり、デザインとしては洗練されたものとなっています。

ブーツがパンプスより楽に履ける、同じ原理なんですね!
そこに、靴表面のカット大きくとって、パンプスやサンダル仕様に仕上げている。
まさに発想の転換です(*^^*)
我慢嫌いがオシャレ嫌いになってしまったワタシも、若い頃にこのクツと出会えていたら人生もっと前向きだったかも!?なんて思っちゃいますwww

店舗
実際履ける販売店舗は?

もう、ワタシはこの靴、絶対欲しいって思ってる!
そうなるとどこで手に入るのか、実際試着出来る店舗はあるのか?気になりますよね!!!
もっち、調べました(^o^)

ネットで販売しているサイトもあります。
しかし、実際履いてみるとなると、新宿伊勢丹やセレクトショップ「STUDIOS」で購入となりますね。
お値段的には一足50000万~60000万円程度
新宿伊勢丹店では新作オーダー会が開催され瀧見サキさんが店頭でフィッティングやパットによるサイズ調整なんか行なってくれたようです!次の新作のときにはぜひ行ってみたいですね!!!

まとめ

「芝生の上を歩いている感じ」の靴をモットーにしている「サキアス」
デザイナーは瀧見サキさん。
つま先にすべて掛かる負担を足全体と足首までで支えるため足に負担が少ない。
外反母趾、腰痛になりにくい。
歩き方が自然になって姿勢も美しくなる。
機能的にもデザイン的にも、購入者からはほとんど高評価である。

関連記事:瀧見(たきみ)サキの旦那や子供は?出身大学や靴の取扱店舗と値段も調査!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。