カールの販売中止の理由は?なぜなのか調査してみた!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

おはようございます。昨日は、大変お世話になった友人にお土産をもって行きました。
名古屋の小倉トーストのクッキーなど珍しいお菓子をあげてきました。
名古屋に行って小倉トーストの魅力にハマったなんですよ。
地方に行くと色んなお土産などあり、お土産を買うことにが趣味になりつつあります。
特に、地域限定みたいなフレーズなどめにするとウヒョーって感じになるんで困っています。
まさしく、日本人なんだなぁと実感する瞬間でした。

スポンサードリンク

今回、話題になっていることを紹介します。
お菓子好きの人は気になるのではないでしょうか?
昔から、食べているヒット商品でロングセラーの商品が話題になってます。
カールのおじさんでお馴染みのカールの販売中止についてです。
これは衝撃的なニュースですね!!!

カール


明治はスナック菓子「カール」を8月生産分を持って全国販売を中止し、販売地域を西日本地域限定すると決定、5月25日に発表。

東日本ではカールが食べられなくなっちゃうんですね!

しかも、種類も縮小「カールチーズあじ」「カールうすあじ」の2種類になるそうです。

よかった!!「チーズあじ」は残るんですね^^;
でも、「カレーあじ」も好きだったんだけどな…

販売中止
さて、何でなくなってしまうんでしょう?
消費者のニーズの変化で収益が低迷してしまったのが原因のようです。
最近はじゃがいもを原材料とするポテト系スナックが人気でコーンが原材料のカールは売上が伸び悩んでしまったようです。

カールは原材料のコーングリッツを練って特殊な器械で180℃まで加熱し一気に押し出すと、あの形状にできあがるんですって。
油であげていないんですね~(゚∀゚)
食べごたえがある割に、ヘルシーなおやつじゃないですか!!!

「カール」の名前は、かるーい感じのスナックと、クルッと巻いた形状からつけられたそうで、子供の頃あの形が好きでよく組み合わせてみたり、指にはめてみたりしながら食べた覚えがありますw

カールの販売は1968年、実に49年前。
たしかにワタシのモノゴコロついた頃からありました。
四人兄妹で一袋を分けてケンカになったりしましたwww

その頃はたしか、「うすあじ」とか「チーズあじ」が主だった思います。
今は「カレーあじ」とか「大人の贅沢カール」なんてのもありますね。
小つぶカールなんて食べやすいサイズも出して頑張ってたんですけどね…そちらもなくなってしまうみたいです。
残るのは「うすあじ」とか「チーズあじ」のみ。

実に半世紀近くも続いたカール、なくなってしまうのは実に残念。
社内でも全面販売中止は考えていたようなのですが、どうにか残すことができないかと検討し西日本地域のみの限定販売となったそうです。

なぜ、西日本なのか?というと、、これまでカールの生産拠点は全国の4箇所にあったそうですが今回四国の子会社「四国明治」に生産集約となったそうで、物流面から東日本となるのだそう。

とりあえず、完全に消滅ではないのはうれしいですね!!
うちの子どもたちもカール、好きですもの(*^^*)
今後は、ダンナの両親が九州から来た時にでも買ってきてもらおうかなwww

ヘルシーでおいしく楽しいカール、いつか全国販売復活を目指してほしいです!!!
ジャガイモに負けるな!!!
ま、ポテチとかも大好きですけど…(^_^;)

まとめ

明治「カール」は8月生産分で東日本の販売を終了する。
西日本では販売されるが、残るのは「うすあじ」とか「チーズあじ」のみ。
「カレーあじ」「大人の贅沢カール」「小つぶぶカール」シリーズは完全に販売終了。
販売終了理由はじゃがいも系スナックが人気となっており、コーン原材料のカールは売上が低迷してしまったため。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。