矢幡洋の年収は?カツラ疑惑や貯金ゼロを調査してみた!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!!!
今日は気持ちが乗らず、掃除も洗濯も拒否です…
でも、子どもたちが帰ってくるから夕飯ぐらいは作ってあげないと…
と思い、冷凍庫を開けると、お、何やら肉のカタマリが…よし、これを焼いて食べてみよう!
解凍してビックリΣ(゚Д゚)!!!
牛タンのカタマリでした…ダンナが勝手に買い込んできたらしい…
でも、ダンナは料理得意でもないし…
もちろんワタシに料理してもらうつもりですよね(-_-;)
えええ~調理したことないよ~

スポンサードリンク

焼肉屋さんで頼んだり、BBQの時スライスされたのを買ったことはあるけど…
焼肉屋さんやスーパーみたいに薄くスライスできる自身はないし…
仙台牛タン焼きみたいに切れ目入れれば厚めでも食べられるのかな?
牛タンシチューは時間かかりそうだし…

んんんんん~!!!(冬彦さん風)

夕飯のメニュー変更してしまえっ!!!

さて、今回はちょっとオモシロコメンテーターの矢幡洋さんを検索してみたいと思います(゚∀゚)!

この方の、冬彦さんに匹敵するぐらいオモシロイ!!!ってワタシの中では感じます!!
木馬に乗って「んんんん~」って言ってみてほしいwww

しかし、見た目に迷わされずに経歴みると、実はこの方のほんとにスゴイ方なんです!!!

プロフィール

さっそくプロフィール検索してみましょう!

矢幡洋(やはたよう)

1,958年東京生まれ
武蔵高等学校卒
京都大学文学部哲学科卒

宮沢賢治や「星のお王子様」についての心理学面からのアプローチした論文や著書、児童犯罪心理学や発達障害に対する心理学面からの教育アプローチなど、真剣に社会福祉に貢献されている。
八幡カウンセリング研究所

千葉大、東洋大、西武文理大などの非常勤講師をされたりして、現在は東京大学大学院情報学環・学際情報学府に在籍。数々の近年代表される凶悪犯罪に対して論文やコメントを残し社会貢献を果たしている方なんですね。

最近では2011年にご自身の娘さんエリさんの自閉症スペクトラムを発達論的アプローチから綴った著書『数字と踊るエリ』や『病み上がりの夜空に』を出版しノンフィクションで発達障害を抱えた娘と家族の苦悩を吐き出している。

さて、こんな真面目な面がおありなのに、何故か、見た目のほうがインパクトが有りすぎるようで…

「カツラ」や「フルボッコ」「貯蓄ゼロ」なんて検索ワードが先に来てしまう…

コメンテーターなのに「コメントより見た目がヤバイ」と話題になってしまう先生なのでした(-_-;)

まず、カツラ疑惑ですが…疑惑、というより確信に近い見た目で…
コメンターターとして出演し始めた頃にはすでにそちらで話題となってしまっていたようです。
2016年2月にある番組でカツラであることをカミングアウトされたようですが、周囲の目は「え?いまさら??」的なムードになってしまったようです。
それでも、ご本人は若い頃からひた隠しにされいていたことなので、それ以降吹っ切れてスッキリされたようです。
いやいや、犯罪隠していたわけじゃないんだから、先生大丈夫ですよってちょっと同情すらしてしまいますね(^_^;)

フルボッコ疑惑は、ある番組のコメンテーターとして出演した際、顔中絆創膏だらけで…こちらも「コメントより傷がきになる」と視聴者の反響は大きく…。
フルボッコされたのでは?とか、夫婦喧嘩なのでは?なんてウワサが出回りましたが、結局、後日本人から「病院の前でタクシーをまたせていて慌てていてガラス扉に激突してしまった」とのことでした。分厚い眼鏡と、キャラ的な要素から、このコメントはみんな納得してしまったようです(^_^;)

そして、貯金ゼロ疑惑?ですが、テレビ出演も割りと多く、著書も21冊以上出されている。それなのにテレビ局で出演があると大量の弁当をお持ち帰りする、ということがあり。
こちら、事実のようで、最初司会者が弁当15個持って帰ったと紹介すると、「実際は21個ですけど」とご本人が…(^_^;)
実は奥様が10年以上も病を患っており、また、自閉症の娘さんがいて、著書は全く売れず出版費だけが掛かって、収入はテレビ出演だけだったそうです。

年収
コメンテーターの収入ってどれくらいあるのでしょう?
一般的にはひと番組3~30万円くらいだそうですが、売れっ子になると額は天井知らずのようで、池上彰さんなどは時給1000円にもなるそうです。
幅が大きく予想しにくいですが、やや出番の多いコメンテーターとして30万円くらいと想定し、月に4回くらいのテレビ出演があるとしたら年間1440万円。でも、出演数が安定してないことで少なく見積もったら、まずまずの収入として1000万円くらいは稼がれているのではないでしょうか?

それから、一般的な臨床心理士の場合は300万から400万円くらいと言われていますが、これは病院勤務か、自分でカウンセリングルームの経営をしているかできっと大きく変わってくるでしょう。
矢幡洋さんの場合、その道の著名人ですし、ご自身の研究所を持っているので500~700万円以上はあるのではないでしょうか?

矢幡洋さんの予想収入は1500~1700万円くらい???かと思われます。
あくまで個人的予測ですが…

そして、出版費用は200ページの本500冊で100万円ぐらいというのですから、発行部数を増やせばもっと膨らむ。
年収あっても本を出版して売れなければたしかに貯蓄はゼロになりそうですね(-_-;)

まとめ

矢幡洋(やはたよう)

1,958年東京生まれ
武蔵高等学校卒
京都大学文学部哲学科卒
臨床心理士、矢幡カウンセリング研究所設立
代表著書:『数字と踊るエリ』『病み上がりの夜空に』は自身の自閉症スペクトラムを持つ娘の成長についてノンフィクションで綴っている。
2016年2月にある番組でカツラであることをカミングアウト。
フルボッコ疑惑はガラスに激突したもの。
年収は1500~1700万円くらいだが、21冊の著書が売れないため貯蓄ゼロ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。