文在寅(ムンジェイン) 大統領の息子は?特典採用疑惑や不正採用について!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

マイナス4Kgのダイエットするのを決心して、炭水化物の減量を頑張ります!!!
朝の米飯を半量に減らして、昼の菓子パンを1個にして、夜は米飯食べず…
おやつはお菓子2種類まで…
あ~、頭のなかにほかほかご飯が浮かびます…
なんか他のこと考えよう…他のこと…他のこと…浮かびません
いろんな具の入ったおにぎりが列を成してやってきます(T_T)
仕方ないのでテレビを着けます。

スポンサードリンク

そんな苦しいダイエット二日目の夜中にニュースをみてたら、お隣、韓国の新大統領が決まりましたね!!!
これはおにぎりの幻を追い払えそうです!!!

最大野党・共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)氏が当選したそうです。
どんな方なんでしょうか?
これはけっこう気になりますね!!!
プロフィール調べてみました。

プロフィール


名前 文在寅(ムン・ジェイン)
生年月日 1953年1月24日(64歳)
出身地 韓国・慶尚南道巨済郡巨済面
出身校 慶煕大学校法科大学
1981年 キム・ジョンスクと結婚
1982年 長男誕生
1983年 長女誕生

元々は弁護士であったようです。
両親は脱北した避難民で幼少期かなり貧しい暮らしを強いられたようです。
元々は弁護士で、大学在学中にも民主化運動に関わっていたようですね。

特典採用疑惑や不正採用
今回、マスコミで長男の公務員試験の不正があったのではないか、との疑惑あり、すでに非難追求する声もあるそうです。
韓国では就職で一番高評価なのが公務員だとか…
長男は公務員2006年韓国雇用情報員に採用されたそうなのですが、その公務員試験時に、願書受付が6日だったそうですが、日付が11日の記載になっていて無理やり「4」日に書き換えてあったそうです。
あと、父親・文在寅氏の政治力で雇用が決まったということも言われているようです。
真相は分かりませんが…ご長男は40歳になるそうですよ。ですから10年以上も前の話になるのでしょうかね…?
どこの国も政治家のスキャンダルは命取りになりかねないけど、けっこう韓国も歴代大統領などに対して厳しい追求していますよね。
前大統領のパク・クネ氏は、親友の娘を大学に裏口入学させたことが非難のひとつに取り上げられていましたからね。

政治家としての国際的な立場は、反日、反米、親北朝鮮、ということみたいです。
慰安婦問題で、「1000年恨む」など発言あったそうで…ワタシはハングル語わからないので訳されたものしか分かりませんが…
慰安婦像設置には最初反対してたみたいです。
「新日清算をしたい」、ということみたいですが、正直よく分かりません^^;

対米については「アメリカにもNO(ノー)と言えなければならない」との趣旨を発言、アメリカ有意の一方的な韓米関係を否定しているようです。

対北朝鮮について、大統領になったらワシントンよりも先に平壌に行くと発言していたそうで、対北朝鮮に対しては太陽政策でいくこと、対話で核を拒否して手を結ぶことを主張しているそうです。

この辺の情報から、漠然と浮かんでくるのは、近頃世間を騒がせている北朝鮮の核ミサイル実験問題が、韓国国民にも深刻に不安と脅威を与えてるのではないでしょうか?
自国の隣、国北朝鮮が、国際的・経済的に追い詰められて有事となった時に、一番被害が及ぶのは、もちろん距離的絶対的に近い韓国であることは確かでしょう。
陸続きですぐとなりにいるだけで、日本よりもその不安は現実的なものであり、その結果、韓国のトップとして反日・反米・親北朝鮮の大統領が選ばれたのは、国民の心情としては不思議ではないと思います。
北朝鮮に対しての不安の現れ、と言ってよいのでは…

今後、竹島問題や慰安婦問題など、けっこうこのへんは難航するんじゃないでしょうか?
経済界でも、日本企業に対する規制が厳しくなることや、駐在企業に対しての反日のデモなど、いずれにしても風当たりは強くなりそうですね…

まとめ
名前 文在寅(ムン・ジェイン)
生年月日 1953年1月24日(64歳)
出身地 韓国・慶尚南道巨済郡巨済面
出身校 慶煕大学校法科大学
1981年 キム・ジョンスクと結婚
1982年 長男誕生
1983年 長女誕生
民主総合党、民主党、新政治民主連合、共に民主党
反日・反米・親北朝鮮といわれている大統領が当選したのは北朝鮮の核ミサイル実験の影響が強いのでは?
慰安婦問題、竹島問題は難航の見通し。
日本企業に対しても規制が厳しくなる可能性強いと思われる。

今後、日本に対して、アメリカに対して、どんな政策を打ち出してくるのか…また、中国との関係も大きく影響するので、どこで韓国がバランスをとっていくのか…これもまた時代の節目となる出来事なのかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。