核攻撃サバイバーのあべりょうって誰?野村英三や7の法則を調査した!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

みなさん、こんにちわー((((oノ´3`)ノ
うわああああああああ!れ、連休が終わってしまうううう!!と、あせりを隠せないわたしです。

飲んで~飲んで~飲まれて~って感じの連休でした。
街も浮かれモードで、気分はふわふわです。

テレビのニュースも各行楽地の楽し気な様子を伝えてくれます。
で、す、が。忘れられつつありますが、北朝鮮情勢。

ゴールデンウイーク前にはあれほど騒がれていたにも関わらず、最近はニュースも縮小されるようになりました。
ミサイルが飛んで来たらどうしよう!?
とビビりまくっていたのがウソのようです……が、脅威はとくに変わったわけではないのですよね。

スポンサードリンク

ミサイルが飛んでこないにこしたことはないのですが、実際に飛んできたら対応……。どうしよう!?!?

というわけで、サイトで核攻撃の際に身を守る方法や行動を調べていたりもしたのですが、避難について面白い、といってはちょっと変に聞こえますが、歌で核攻撃の避難を啓蒙するシンガーソングライターの方がいらっしゃいました(笑)

時世柄、話題になっているようなので調べてみました!!

プロフィール

名前: あべりょう
生年月日: 不明
身長体重: 不明
血液型: 不明
出身地: 不明
趣味:不明
所属: 不明
ジャンル: シンガーソングライター
出演: Youtube、テレビ朝日系列「若大将のゆうゆう散歩」、フジテレビ系列「志村笑!」

作品
「曲芸飛行時代」
「右を向け」
「泣きたくなるような宇宙の下」
「無能者掃討作戦」
「東京太陽系SHOW」
「マッチ売りの美少女は」
「尖閣、世界遺産へ」
「Snow Man」

…と、これは何だかわかりますでしょうか?
すべて、あべりょうさんの出しているアルバムの名前なのです!
「尖閣、世界遺産へ」なんて、アルバムのタイトルとは思えない感じで個性的ですね。(;’∀’)

※プロフィールは全体的に非公開のようです(;’∀’)

ミサイルの件で話題になっているのは「核攻撃サバイバー」という楽曲で、Youtubeで視聴できました。
内容はズバリ、核攻撃された際の個人の対応!です!

アラートが鳴ったらわき目もふらずに何分以内に地下鉄へ急げ!爆心地が新宿でも、渋谷までは被害が少ないぞ!のような、現実的な内容となっています。
ちょっと熱いリズムに乗せられた現実的で役立つ歌詞。つい笑いそうになってしまいますが、核攻撃時のマニュアルとしてはとてもまっとうなものでした!

野村英三
「野村英三」さん!「7つの法則」!等の歌詞に散りばめられたキーワード。
「野村英三」さんってだれ??

広島原爆ドームからたった170メートル地点にいて生き延びた方のお名前とのことです。(!)

7つの法則

「7つの法則」とは、核爆発後に照射される放射線は、7分後7時間後に10分の1に減るということらしいです。
減衰~♪というリズムに合わせて教えてくれてます。

まとめ
ミサイルが飛んできたら諦めるしかないなぁと悲観的なムードもありますが、核ミサイル一発で日本が壊滅しちゃうなんていうことは無いのですよね。
今は核ミサイル攻撃に対する情報もいろいろ出ています。
この歌が教えてくれることは「諦めるな!」「恐れすぎるな!」「出来ることをしろ!」ということかと思います。

悲観ムードになりすぎず、出来ることをする、知れることを知る。
減衰~♪と口ずさみながら、なんかこういうのもいいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。