呂比須ワグナーの嫁や家族は?現在やプレースタイルについても!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

もと日本に帰化しW杯初出場を果たすのの貢献したロペス・ワグナー選手。

懐かしい…自分も小学生の頃からキャプテン翼が大好きで、その頃は日本がW杯出場なんて漫画の中でしか考えられない夢だったけど、大学生の頃にJリーグが発足し、日本代表だけでなく海外でほんとうに通用し活躍する選手が増え、今では海外のチームの看板選手になったりしてる、これは日本のサッカー史の革命だったと思います。

スポンサードリンク

そんな中で、日本のサッカー人気に拍車をかけ、サッカーの試合技術、選手の意識改革に、日本人に帰化してまで貢献してくれた外国人選手たちがいました。
ロペス、サントス、ラモス、トゥーリオ…日本のサッカーを愛してくれ、新しい風を吹き込んでくれた選手たち、忘れられないな~(*^^*)

そんな、日本帰化選手たちの中で、呂比須・ワグナーが監督として日本に帰ってくるという噂があります。
プロフィール

呂比須・ワグナー
生年月日 1969年1月29日
出身国 ブラジル・サンパウロ州
1987年日本チーム(日産自動車)でプレー
1997年日本に帰化
日本代表としてフランスW杯アジア予選、本戦に出場
2002年引退、ブラジルにてクラブチームのコーチなどを務める
2012年ガンバ大阪のヘッドコーチ就任も成績を残せず。
2017年パラナで監督就任、勝率65%の好成績であった。

家族
なんでかっていうと、呂比須・ワグナーはブラジル全選手権2部のパラナというクラブチームで監督をつとめていたのですが、5月5日付で監督を辞任した、と発表されたのです!
クラブ側の説明では呂比須監督に「外国からの断りきれないオファーがあった」というのです。
ブラジルのメディアでは日本からのオファーであるとの見方が強いようです。
本人も以前から強く願っていた、とのことなので、やはり自分が現役時代に活躍していた日本のチームである可能性は濃厚ですよね。
奥様は日系ブラジル人とのことですから、日本での生活もきっと不便はされないでしょうし…(*^^*)

サッカー大好きっ子で、日本のサッカー人気とともに成長してきたワタシとしては、懐かしいお兄ちゃんが帰国するって感覚(*^^*)
ぜひ、また現役時代のように監督としても日本のサッカーを引っ張って、盛り上げてほしいです!!!

まとめ
呂比須・ワグナー
生年月日 1969年1月29日
出身国 ブラジル・サンパウロ州
1987年日本チーム(日産自動車)でプレー
1997年日本に帰化
日本代表としてフランスW杯アジア予選、本戦に出場
2002年引退、ブラジルにてクラブチームのコーチなどを務める
2012年ガンバ大阪のヘッドコーチ就任も成績を残せず。
2017年パラナで監督就任、勝率65%の好成績。
J1新潟の三浦文丈監督(46)が退任し、ほぼ同時期に突然呂比須監督も退任したため
タイミング的には後任として呂比須が就任する可能性が高い。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。