8年越しの花嫁モデルの現在は?実話カップル中原夫妻の近況チェック!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!
週末は家族サービスが忙しく、
ちっともPCを開くことができませんでした…
週も半ばの水曜日になってようやく自分の時間!
今日はのんびりするぞー!とゲームをしていたらあっという間にお昼過ぎ…
今日はお休みと決めたはずなのに、なんだろうこの罪悪感^^;
そんな、複雑な思いを抱え、仕方ないから仕事するか…と思ったけど。。。
いやいや、テレビでCMしていた映画のことが気になって、また寄り道~www

佐藤健さんと土屋太鳳ちゃんの新しい映画がもうすぐ公開されますね!
お二人とも、私の大好きな俳優さん、女優さんです!!

「8年越しの花嫁」って、タイトルからラブストーリー全面に押し出してますね^^
んでも、実話を元に作られたこの映画、ちょっと気になります!
病気をテーマに扱った映画とかって、どちらかが亡くなってしまったりして、
あんまり好きではないのですが、これはハッピーエンドなのね!!!

もともとは、YouTubeで拡散した実話動画が話題となり、今回の映画化に至ったそうです。

尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)はごく普通のカップル。
2年の交際の末、結婚を間近に控え式場の予約をし…幸せ絶頂の二人を襲った出来事。
突然、麻衣が原因不明の病に倒れ意識不明となってしまうのです。

会話も、目を開けることもできず、気持ちを通わせることのできなくなってしまった二人。
月日が経ち、麻衣の病気の原因がわかり、目をさましてくれと、尚志も両親も願いを込めて手術に望みますが…
その希望も虚しく…麻衣の意識は戻ることはありませんでした。
もはや、いつ目覚めるともわからない…このまま一生目をさますこともないかもしれない…

1年後、麻衣の両親は「麻衣のことを忘れ新しい人生を踏み出してほしい」を説得しますが、
尚志の、麻衣に対する思いは変わることはありませんでした…
麻衣の傍らで必至に看病を続ける毎日…

そして倒れて529日後、とうとう麻衣が目覚める日がやってきたのです!が…
目覚めた麻衣は元の麻衣ではありませんでした。
目覚めても、顔の表情すら動かすことができなかったのです。
長い間寝たきりの時間が、麻衣の体中の筋肉を削ぎ落とし、すべての関節を拘縮させてしまっていたのです。

尚志それでも諦めませんでした。
必至に麻衣のリハビリに付き添い、少しでも回復するように刺激を与え、
麻衣との時間を大切にして向き合っていたのでした。
麻衣さんが、そんな尚志の向かって初めて笑うことができたのは入院して3年目のある日でした。

その日から、麻衣さんは必至にリハビリに取り組み、その回復はめざましく、
1555日目とうとう退院することができたのです!!!

その後も自宅でのリハビリを続け、二人は結婚式を挙げることができたのでした!!!
最初の結婚の約束から8年が経っていました!

スポンサードリンク

この映画のもとになった実話のお二人が、西沢尚志さん、中村麻衣さんです。

私も医療関係で働いているので、この話を聞いたときにわかに信じられませんでした。
まず、人工呼吸器までつけて、長いこと意識不明であった状態から覚醒するだけでも大きな奇跡です!!
しかも、卵巣嚢腫という原因を手術で取り除いた後も目覚めなかった…
普通だったら、ここで諦めていても、なんにも不思議ではないですし、良心の呵責を感じる必要もないと思います。

そして、5年も寝たきりの生活をしていた人が、日常生活に戻るまでのリハビリをする、と言うのは
尋常ではない努力が、本人も、まわりも必要だったと思います。
これも、奇跡と言っておかしくないぐらいの出来事です!!
ここに、絶対元の幸せな生活を取り戻してやる!という二人の決意の強さを感じます!!!

まさにお二人は大きな困難を超え、自分たちの手で掴み取った幸せですよね!!

結婚式では、バージンロードを麻衣さんは自分の足で歩くことができた!
これを真の感動というのでしょう…
こんなお二人をみていると、自分が今抱えている悩みなんて、ほんとうにちっぽけなものに思えてきます^^
お二人にいただいた、大きな勇気に感謝したいと思います!

さて、このステキなカップル、尚志さんと麻衣さんは今どうなさっているのでしょう?
結婚生活も1年近くたち、どうさされているのかちょっと気になりますね!

どうやら、現在は岡山県でご両親と暮らしているようです。
そして、麻衣さんは。現在自由に歩行することもできるようになり、
なんと、お二人にはお子さんも生まれたそうですよ!!!

きっと、お二人の力を合わせれば、どんな困難もへっちゃらですね!
これからも末永くお幸せに!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。