万次郎のネタやライブ日程は?男か女か話題なので調査!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

みなさん、こんにちわー((((oノ´3`)ノわたしです。
ネットばかり見ているわたしですが、たまにテレビを見ると、やはり興味を引く番組ってありますねー。

最近SNSなどでもよく話題に上がるテレビ番組といえば「バリバラ」ではないでしょうか?
NHKのお笑いバラエティ番組ですが、テーマはずばり「障碍者」。

知っているようで知らない障碍者の方たちをメインに据えた、肩の凝らない楽しい雰囲気の番組構成となっています。
と、簡単に説明しましたが、さまざまな障碍を持つ方たちが繰り広げる、漫才、コント、トール等はときにはかなりの過激さで刺激ををもたらします(^▽^;)
この時点で賛否意見はある番組ではありますが……。

スポンサードリンク

そんなバリバラですが、番組内ではSHOW-1グランプリというお笑いのグランプリを行っております。
漫才やコントの出来を競う大会なのですが、年々出場者のレベルもあがっており、現在では単に過激な発言をするだけでは勝ちあがれなくなってきているようですね。
そういう意味では、SHOW-1グランプリ2012年のグランプリである「万次郎」さんが注目されています。
プロフィール
名前:万次郎(まんじろう)


生年月日:不明
身長体重:不明/不明
血液型:不明
出身地:北海道
趣味:不明
所属:不明
ジャンル:漫才師
出演:NHKバリバラ
ネタやライブ情報
万次郎さんは性同一性障害を持っています。
最近は性同一性障害についての注目もありまして、障害についてご存じない方も少ないかとは思いますが、身体と心の男女の性別が別々になる障害のことです。
身体は男性だけど心は女性、またはその逆に身体は女性だけど心は男性、といったような障害です

万次郎さんは身体は女性で、心は男性といった症状となります。
そのため見た目は男性っぽさと女性っぽさの両方を感じさせるようなところがありますね。

万次郎さんマジで情報不明~(^▽^;)という感じですが、わかっているのは彼がもともとお笑い芸人を目指し、以前にはコンビ等組んでいたようだということです。
お笑いの舞台に立ち、芸をする際に感じる観客からの困惑した雰囲気。「男?女?」そういった会場の違和感、空気にお笑い技術以前の障壁を感じた万次郎さんは、そのことを取り払うべく自身の障害をネタにするという転換にでたのかなーと推測される記述を見つけました。

そんな万次郎さんのネタはずばり「性同一性障害」について、です。
日常で感じた違和感などをネタに盛り込むスタイルで、「あるある~」のような、「ないない~」のような……複雑なネタが多いのですが、暴露ネタ的なものも多く興味を引きます。(下ネタも多い(笑)

万次郎さんのネタはテレビの他、ライブでも見られます。
不定期にライブを開催しているようで、先日も万次郎ワンマンライブ「仁義(ちんこ)なき戦い」として開催していたようです(笑)
まとめ
場合によってはタブー視されることもある障害をネタにするわけで、しかしそれを発信するのが彼ら自身障害を持った方たちのため、また違った感情が湧いてきます。

問題にたいする考え方で一番よくないことは無関心、であるとも言われることもあるもので、そういった意味ではインパクト抜群、目が離せない考えさせられる番組とも言えるのかもしれません。

でも確かに万次郎さんの漫才を見ていると、ギリギリの線のお笑いを追及しようとしているのかなーと思いますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。