小川雄勢の父親や出身中学は?彼女はいるかグランドスラム注目!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!
今日は次女の小学校の展覧会。
体育館に全校生徒の作品が展示してあるのですが、
毎回6年生が、各学年の展示物の紹介をしてくれます。
どんなところを工夫したのか、難しかったとなどんなところかなど、
事前にクラスまで行ってインタビューしまとめて、
展覧会の日にはそれぞれ交代で、来校した保護者などに説明してくれます。
ほとんどの子が暗記して、堂々と説明してくれます。
今の小学校の教育って、昔と随分変わったなと感じました。

さて、今日は、先日柔道グランドスラムで注目を浴びた小川雄勢選手についてチェックしました!

小川選手のお父さんは、ご存じの方も多いかと思いますが、
あの、バルセロナオリンピック銀メダリストの小川直也選手なんですね!!!
まず、プロフィールからサクッとご紹介しましょう!


小川雄勢(おがわ ゆうせい)
生年月日:1996年7月20日
出身地:神奈川県横浜市
身長:190㎝
体重:135kg
出身中学校:修徳中学校
出身高校:修徳高校
出身大学:明治大学

戦歴:
2014年 高校選手権 団体・個人 優勝
2014年 金鷲旗 優勝
2014年 世界ジュニア選手権 団体 優勝
2014年 全日本ジュニア選手権 優勝
2015年 全日本ジュニア選手権 優勝

これだけのタイトルを獲得してきただけあって、世界の選手からもマークはきつくこの1年は思うように結果を出せずにいました。
いようですよ!

スポンサードリンク

小さな頃は、お父さんの背中を追って、柔道に励んでいたかと思いきや…
なんと習っていたのはクラッシクバレエ!!!
まあ、柔道は、習う、というより、日常の三色のご飯のようなものだったのかもしれませんwww
バレエのお陰でしょうか、身体の柔らかさは今の小川選手にも役立っているはず…!
…と思ったら、バレエは男子が少ないから出番が多い!という理由だったとか!
そんなチャーミングなところも父親譲り??
柔道を本格的に始めたのは、小学校4年生。
そして、中学校2年生で、それまで通っていた地元の中学校から柔道が盛んな修徳中学へと転入!
その後、強豪国士舘高校や白鴎大足利高校、天理高校の選手を倒し、その実力はメキメキと育っていきました。

しかし、2014年、多くのタイトルの獲得と同時に、
国内外の小川選手に対するマークはきつくなり研究されて、
2015年以降なかなか思うように結果を出すことができませんでした。

トンネルの中では、親子ともに苦しくもやもやとしたものが葛藤していたに違いありません。
しかし、この12月柔道グランドスラム東京では、ついに念願の優勝!

東京オリンピックに向けての切符を手にすることが出来ました!
粘ること、を、あの長いトンネルでは学んだのかもしれません!
これを起爆剤に、190cm135Kgという恵まれた体格を活かして一気に駆け上ってほしいものです!
そして、クラッシクバレエから得た?柔軟性で怪我することなくオリンピックの舞台で活躍してほしいものです!!

そして、彼女についての情報ですが、…ネットでいろいろ調べてみたのですが、今のところ明らかな情報はありませんでした
今は柔道一本なのかな…身体が大きいから、街を女の子と歩いていたら絶対目立ちますよね!
でも、お父さんの小川直也さんがみたら、絶対ボコボコに親子喧嘩しちゃいそう…
彼女作ったりは、オリンピックで活躍してからのお楽しみかもしれませんね^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。