新井由己(おでん研究家)の結婚や年収は?経歴やお薦めレシピ本について!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

昔、ダンナと付き合っていた頃の話ですが、夜中にお腹が空いたから近所のコンビニでおでんを買ってきて、ってことになりじゃんけんで負けて私が行くことになりました。
私の大好きな昆布をたくさん買っていったら、昆布はダシのためにいれるんだからお金をだして買うなんてバカじゃん!!と笑われました(T_T)

確かに…おでんって、共通なようで地域や家庭で違う食べものですよね!

スポンサードリンク

そんなシンプルで奥深いおでんを研究された方がいました。

プロフィール


新井由己(あらいよしみ)
出生:1965年神奈川県藤沢市(51歳)
職業:ライター、フォトグラファー、食文化研究家
1997週刊金曜日ルポタージュ大賞佳作入選
タクシー運転手を経てカブで全国おでん食べ歩きをし、1999年『とことんおでん紀行』を出版
その後もカレー、ハンバーガーなどの食べ歩き、比較をし研究をする。

おでんだけでも5冊も出版されているんですって、おでんに魅せられたというか、ほんとにおでんお好きなんですねwww

年収
ライターさんの年収って経験を積んでる方でも300万、売れている方で数千万だそうで、この方他にも色々出版されているようなので100万はいってるのかも…

ほんと、おでんって地域や家庭で全然違うものが入っていたりします!

ご自身でも農業をするべく新潟に移り住んだり、なかなかアクティブな方ですね。

なんでも、目指すところはアクティブホームレスだとか????スゴイ発想力ですね!!!

結婚
そんな新井さん、私生活では結婚・離婚を3回繰り返したそうです。
嫉妬と束縛がお嫌、とか…
フリーダムの塊のような方ですから分かる気がしますね…

まとめ
神奈川県藤沢市生まれ
食文化研究家、ライター
妻:現在はいない
年収:300万~100万円

そんな新井さん、2017年4月16日に問題を起こしてしまったそうですが…日本のおでん文化…大丈夫でしょうか…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。