西野精治の経歴や学歴と肩書がスゴイ!家族:夫人や子供も海外留学前にいた!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!
最近仕事が本当に忙しくてなかなか疲れが取れない日が続いています!
毎日が全力投球!
仕事で160%の力で働き、帰ってから家事と子供の世話…
おそらく、毎日200%くらいの力を使って生きているのではないでしょうか…
身体が消しゴムのように削られていくのを日々感じます><

このままでは早死にしてしまう!と、身の危険を感じて
何か良いものはないかと探していたら、
ありましたよ!!
最近はやっている最高の疲れをとる方法!
スタンフォード睡眠!
これを提唱せれているのが西野精治先生です!

まずは西野精治先生のプロフィールから見てみましょう!

西野精治(にしの せいじ)
生年月日:1955年
出身地:大阪府河内長野 
出身高校:大阪教育大付属高等学校天王寺校舎
出身大学:大阪医科大

大学卒業後1987年、早石修ERATOの睡眠プロジェクトに参加
米国のスタンフォード大学睡眠センターにて遺伝子レベルでの睡眠についての研究をされていました。
その研究の成果を評価され、2005年よりスタンフォード大学睡眠センターの所長に就任します!
また、2007年にはスタンフォード大学精神科の教授として教鞭をとりした。

日本人で、まさに世界的活躍をされている方のうちのお一人ですね!

日本においては、日本睡眠学会睡眠医療認定医を所持し、
2016年には一般社団法人良質睡眠研究機構を設立し代表理事に就任、
そして、学会誌の編集委員や、大阪医科大、東京都精神医学研究所、徳島大核医学部、昭和大学、愛知医科大学と
数々の客員教授として飛び回られています!!

スポンサードリンク

そして、2017年3月に日本語初の著書『スタンフォード式 最高の睡眠』を出版されました。
これが、各種売り上げランキング1位を獲得し、ベストセラーとなりました!
「睡眠負債」「黄金の90分」という言葉が各メディアに取り上げられ、
今まさに注目度ナンバーワンの、癒しに関するバイブルとなっているわけです!

日本人の睡眠時間は他の先進国の平均睡眠時間と比べて短く、6.5時間だそうです。
睡眠不足の国民性…
しかし、この睡眠不足は借金のように貯まっていき、
しかも利子まで付いてしまうのだとか…
この大きく膨らんだ負債が、成人病リスクや、突然死リスクをアップしてしまう…怖いですね!

先生は睡眠の質、時間、活動時間と睡眠時間、いろいろな観点から睡眠を研究され、
睡眠のゴールデンタイム、質の良い眠りに就く方法、良い眠りは起床時や日中の活動によって決まる、
と、私たちの日常生活に密着した、また、自洗可能な方法を提案されています!

さて、いまやあちこちで引っ張りだこの先生ですが、
ご家族はいらっしゃるのでしょうか?

先生は、アメリカに渡られる前、大阪医科大大学院に在籍中にご結婚されており、
スタンフォードの研究室に入られたときには、すでに3歳の息子さんを連れていらしたそうです。
おそらく、息子さんは30歳くらいになられるかと思われますが、国内にいらっしゃるのか、
海外で活躍されているのかは詳細は公表推されておりません。

日々お疲れの、睡眠負債をたくさんお持ちのあなた、
ぜひ、先生の「スタンフォード式 最高の睡眠」読んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。