リメンバー・ミー評価はおもしろい!感動!キレイ!!と評判!いつから公開?ストーリーやネタバレ!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

おはようございます!
今日は久しぶりに早起きしたら、ちょっと蒸し暑くて…
今日も日中暑くなるようですよ!
でも、8月ももう終わり。
一日一日秋の気配を感じなくもないですね…

秋といえば、最大のイベントはハロウィンでしょうか?

ハロウィンはヨーロッパのお盆ですが、
キリスト教カトリックが大陸に渡った、メキシコの地では、
毎年11月1日、2日死者を想う日があります。

ピクサー最新作『リメンバー・ミー』予告編。黄泉の国はカラフルで生き生き!
今度の舞台はメキシコです。
メキシコでは、日本のお盆に当たる行事の日があります。
それが、「死者の日」
主人公はミゲラ・リヴェラ。
ミゲラは音楽が大好きな少年ですが、家族から音楽を禁止されている
でも、「死者の日」亡き憧れのスター、アーネストの遺品のギターを演奏してしまいます。
すると、なんと、ミゲラは黄泉の国へと迷い込んでしまうのです!

黄泉の国って暗く恐ろしいイメージがありますが、ピクサーが描く黄泉の世界は
カラフルで美しい幻の国!!!

音楽を禁止されたリヴェラ家の謎を解くためにミゲラは自分の先祖たちに会いに行く、
でも黄泉の国では、生きたままこの世界に迷い込んできたミゲラのために大混乱!

音楽が禁じられた理由を突き止めたミゲルは果たして現実の世界に戻ることができるのか?

そんな、冒険と騒動と家族の意味を実感する、感動のストーリーのようです!

原作品の『Coco』では、ミゲラの声を、新人声優アンソニー・ゴンザレスという少年が演じています!
このアンソニー・ゴンザレスくんは弱冠12歳、
しかし、その才能は既に絶賛の声が上がっています!
日本語吹き替え版では一体誰がこの役を演じるのか、楽しみですね!!

スポンサードリンク

そして、製作総指揮をするのがジョン・ラセター、監督にリー・アンクリッチ、二人は『トイ・ストーリー』を手掛けた実力者!
制作はダーラ・K・アンダーソンが行っています!

映画『リメンバー・ミー(原題:Coco)』の日本公開は12月23日(土)です。

日本での公開日は2018年3月16日予定!!!

しかも同時上映はあのアナ雪!!
『オラフズ・フローズン・アドベンチャー』
今度はオラフが主役の新作短編です!!
これも見逃せませんね!!!

これはディズニーピクサーの傑作になること間違いなし!
早く『黄泉の国』をのぞいてみたい!!
そう思いませんか?来年春が待ち遠しいですね^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。