菅原響生(ひびき)の両親や家族や教育方針がスゴイ!塾や中学はどこに通ってる?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!
昨日は近所の花火大会に行きました!!
ちゃんと会場の席をとっての観覧で、間近で見る花火はやっぱり迫力満点!
とってもキレイでした!
カラフルな花火も良いけど、大きな単色の大玉は情緒があって大好きです!
なんだか、日本人でよかったな~って思ってしまいます^^

さて、明日の2017年8月29日フジテレビ系列で放送される
『今夜はナゾトレ東大生をノゾキ見!明日から使える脳トレSP』に出演する天才小中学生に注目です!
が出演します!東大生の作った難題に答えるスゴイ小学生たちです!!

その中でもけっこう有名なのが菅原響生くんです!
13歳で実用数学検定1級合格という最年少記録を更新した天才少年です!

まずはプロフィールから

菅原響生(すがわら ひびき)
生年月日:2004年
出身地:千葉県千葉市
出身小学校:千葉市立西の谷小学校
出身中学:千葉市立幕張本郷中学校
家族構成:両親、姉

スポンサードリンク

ご両親の情報については、お母様のお名前が、淳子さん、42歳というこがネット上に上がっていましたが、
お父様のお仕事などはわかりませんでした。
それでも、お母様42歳で天才少年を育てられたんだからスゴイな~!
勉強しなさい、って言わないんだそうで、親が勉強してたら子供も自然にとなりでするようになると…
実は、お姉さんがいらっしゃって、もともと数学を始めたきっかけは、
お姉さんの勉強するのを見ていて、ということのようです。

なるほど、きっと、やはりご家庭の中で興味を持たれたわけですから、
ご両親のどちらかが教えるのがとても上手であったのだと思われます。

私立校に通われているのかと思いきや、地元の公立の小中学校に通われているんですね!
その辺も、オモシロイですね!
普通親だったら、欲が出て私立に入れちゃいそうだけど、
自由にお育てになっているからこそ、自由な発想で数学が考えられる、そんな教育方針をお持ちなのかもしれませんね!

いまでは、数学は勉強ではなく遊びに近い感覚で、
食事やお風呂のときでも常にやっているそうです。

そんな菅原くんですが、塾には通っているそうです。
そりゃ、まわりの大人は教えらんないですよね…
学校の先生だって、大学の数学はそう簡単には厳しいですよね…
通っているのは、都内の河合塾と、和(なごみ)という塾です。
数学のレベルの高い塾に入っているようですが…
個別対応でなければ、このクラスの子を教えるのはムリ…
教えるというより、講師が一緒に考えて、どっちが先に解けるか、という感じでしょうか…

おそらく、本人は塾がよいというより、楽しむために通っている感覚なのでしょう。
ゲームが好きな子ならゲームセンター、マンガがすきな子ならマン喫、将棋が好きな子なら将棋会館、
ピアノが好きな子ならピアノ教室…といった感じ?

そもそも、実用数学検定というのは1992年から始まった検定資格で、これまでに全国450万人が受験し
その中の一級というのは大学レベルの数学の内容で、合格率はその年によって異りますが、
今年の合格率は7%、10人に1人受かるか受からないか、というものだったそうです。

数学検定1級の合格史上最年少はこれまで14歳でしたが、
菅原響生がその記録を更新し13歳で史上最年少となりました!
中学校3年生で既に大学の内容を解かれているんですね!!!

さて、高校はどこに進学するんでしょうね!
千葉県内ですと、私立では渋谷教育学園幕張、公立では県立千葉高校がトップクラスの高校だそうですが…
塾も現在都内まで通っているわけですから、もしかすると都内の私立に行かれるかもしれないですね…
数学特待ってあるのかな…??

ご本人の目標は、受験、ではなく、新しい数学の定義や理論を考えること!
常に既に自作問題を作っているようですが、定義を使って解けないんだけど解ける問題、
ご本人曰く、エレガントな問題、がオモシロイんだそう…
もう、勉強の意味が常人とは違いますね!
数学者になって、数学の新しい分野を開拓すること、が夢だそうです!!!

これからの菅原響生くんの活躍に注目ですね!!!
 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。