明治神宮の事件で使用された液は何?成分や販売方法を調査!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

みなさん、こんにちわー((((oノ´3`)ノ
今年は週末の雨風により桜の花びらもはやくに散ってしまった印象ですが、お花見、楽しみましたか~?
わたしは3か所くらい行けたので大満足です(*^。^*)

咲く前にもお花見に出かけてしまい、ピクニック気分で外で飲みましたけど(笑)飲めればいいんかいっ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

特に綺麗だったのは目黒川と、やはり靖国神社です。
靖国神社の大きな鳥居をくぐると日本人なら神妙な気持ちになってしまう人も多いと思います。
普段特に神道と意識していなくても、生まれてからずっと染みついているものですからね~。やはり神社って身がキリッと引き締まります。

明治神宮にも行きたかったのですが、今年は行けずじまいでした。これは残念!
そしてもっと残念な事件も起こってしまいましたね。

神社に謎の液体を撒く、という事件です。

これについて中国人の女性ふたりへ逮捕状が出たようですね。
ニュースで伝えていました。

既にふたりは出国しているということで、国際手配も検討しているとか。観光ビザでの入国ということでしょうか?

液体は鳥居に掛けられていた模様です
ほんとう、なんのために入国してくるのでしょうか?

政治的な動機からの嫌がらせを予想する向きが多いですが、迷惑なのでやめてほしいものです。

何度となくこの「謎の液体」を神社へ撒かれる事件は起こっていますね。

去年には千葉の神社でも起こりました。
これに関しては逮捕状が出たのは韓国新興宗教系の基督教団の教祖という男性。これも反日的で宗教的な動機からの犯行ではないか、と言われています。

嫌がらせをしなくちゃならない、という教義でもあるのでしょうか?

犬でも神社にはおしっこをしません。(というか入れないところが多いのですが(;^ω^))

いい大人がマーキングのようにそこら中に液体を撒き散らすなど、みっともないことは謹んで頂きたいです。

明治神宮(めいじじんぐう)

出身地: 東京都渋谷区代々木

液体
さて、この「謎の液体」ですが、いったい何なのかということですね。

ニュースでは「油などの液体」と表現されることもあり、これを見ると油だけじゃないのかなーなどと考えてしまいます。
油だと火をつけるため等が考えられますが、油でないとすると、教祖さまのおしっこが入ってたり???新興宗教系でよくありますよね、教祖様が入ったお風呂のお湯を喜んで飲んだり、おしっこを聖水と称して飲んだり浴びたり……。

この「油などの液体」について調べてみたのですが、やはり「ただの油では?」という声が多いですね。
しかし気になってしまうのは、ほんとうにただの油であれば、ニュースでも「油など」と表現せずに「油」と表現すれば良いのでは??という疑問も湧いてきます。

このあたりうがった見方もしてしまいますね。
何か言い難い液体が混ざっていた可能性もあるのではないかな~。気味の悪い事件です。

まとめ
文化が違うとはいえ、違うからこそ理解し尊重し合うのが人間の道だと思うのですが、そうではない人間もいるようですね。
悲しい話ですが、警備を強化するなどして対応をするしか無いのかもしれません。

入国時の諮問捺印を復活させろ!との声も強まってきます。
実際日本人が入国する際に諮問捺印を求められる国もありますからね。
そう考えると誰でもかれでも入国させて「友好!」とやりすぎるのも考え物なのかもしれませんね。

真の友好は相手を理解する心があってこそですものね、と思ったわたしなのでした。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。