分数ものさしの購入方法!通販や予約はできる?お値段と販売店舗も調査!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!
小三の次女の自由研究、今年もまた何にしようかさんざん悩みました。
気が付けば夏休みも残りわずか…どうしよう?と相談されましたがなかなか思いつかず…
最近はネットでいろいろ自由研究のお題が案内されていて便利なのですが、
夏休み明けて、子どもたちが制作したものを見てみると、やっぱり人気あるものはかぶってしまうんですよね~
これって、「自由」研究なのかな~、ってちょっと気になっちゃいます…

そんななか、子供がすごい「自由」に発想した結果で商品化まで至った研究を見つけました!!
小学校5年生の男の子が考案した「分数ものさし」です!

メモリを見て分数がぱっとイメージできて、分数の計算もすぐわかる!
ものすごいアイデア商品だと思います!

これは、ものさしのメモリに各分母の数字を書き込んであり、足し算引き算のほか
掛け算割り算ができる!しかも通分もすごく意味が分かる!!
小学校2年生で掛け算九九が山場ですが、3年生になると分数、小数点、なんてものが出てきます。

初めての概念に戸惑ってしまう子どもも多い。
なんで?って聞かれても、親もうまく説明できないから「そうゆうもんなの!」と苦し紛れの答え…
そんな親子の頭をスッキリ整理してくれる強い味方にいなりそうです!

この「分数ものさし」を考え出したのが、静岡県浜松市の小学校6年生の山本賢一朗くんです!

5年生の時、夏休みの自由研究で、分数の足し算と引き算ができるものさしを作ったのがきっかけでした。
山本君は友だちが分数の勉強で悩んでいて、「なぜ通分しなきゃいけないのか説明できなかった」そうです。
そこを、大人のように「なんでもいいから、通分しなきゃいけないの!」と
強引に押し付けたりせず、一緒に悩んだわけですね。
どうしたら、友だちが理解できるか…
山本君は自分で説明ができるように考えて考えて、その答えが「分数ものさし」でした。
たしかに、目で見て、ぱっと分数のイメージがつく、とても分かりやすいです!
よく、子どもに分数を教えるのに、棒を書いて、これが1/3で、こっちが2/3で、そしたら…なんて
教えたり、教えられりしたことはみなさんもあると思います。
それを、山本くんは思い切ってものさしにしちゃおう!って思いついたんですね!

さらにすごいのは、そのアイデアを1年かけて掛け算や割り算ができるところまでグレードアップしたっていうのは
大人でも頭が下がる研究心ですね!!
これぞ、「自由研究」だと思います!
与えられた方法で何かやってみて、はい、できたね!というのとはわけが違います。

子どもの自由な発想と、子どものなんで?から生まれたすばらしい研究ですね!

うちの子もこんな自由な発想のできる子に育てたいと思いながら、夏休みの自由研究に頭を悩ませる母なのでした…><;

このものさしが、「JNN2017夏 こどもの力」で商品化されることが決まったのです!!

これはちょっと、実際子どもに買ってあげたいなって思って調べてみました。
まだ、販売はされていなくて、実際に商品化されるのは2017年11月のようですね!
販売に当たって予約できるのか、販売店舗はどこなのか、、通販で購入できるのか。

残念ながらまだはっきりは公表されていませんが、近日中に確認して追記したいと思いますので、
気になる方は、チェックしてくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。