中村獅童復帰に向けリハビリと稽古は経過順調!嫁も出産予定でW喜びの声!!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!
最近PCの作業が増えて急激に視力が落ちたように思います!
少しは自分の年も考えて身体のことも気をつけなくちゃいけませんね。
友だちも最近子宮がんがみつかって手術したって言ってました。
いつの間にかそんな年なんですね~><;
だんだん同窓会では病気の話とか保険の話とかが中心になるんでしょうかwww

さて、病気といえば、中村獅童さんが病気を克服して舞台復帰する発表がありましたね!

中村獅童さんといえば今年5月に肺腺がんがみつかって6月には手術にも臨まれました。
初期の発見であったようで、経過も良好なようです!
復帰の予定は11月、今はそこに向けて必死のリハビリと稽古に励んでおられるようです!
ファンにとってはうれしいこと続きですね^^
秋季公演「松竹大歌舞伎」はとってもご本人もうれしいようですよ!!
演目は「義経千本桜すし屋」で中村獅童さんはいがみの権田の初役です!

ちょっと獅童さんの経歴を見てみましょう!!

中村獅童(なかむらしどう)
生年月日:1972年9月14日
出身地:東京都
出身高校:明星学園高等学校
出身大学:日本大学芸術学部演劇学科
身長:177cm
所属:エイベックスマネージメント

スポンサードリンク

もともと、歌舞伎の名門、小川家に生まれ6歳のころから日本舞踊の稽古を始められたそうです。
しかし、父親の小川三喜雄氏はすでに歌舞伎役者を廃業し、
獅童さんが歌舞伎役者として舞台に立つときには
師匠不在という状態でした。
父の三喜雄氏は弟の万屋錦之介さんを舞台裏で支えることに徹していたのです。
これは、名門に生まれながら、環境には恵まれなかった珍しいカタチであったのでは…
それでも、後ろ盾のないままで、めげずに寄り添ってくれた母に支えられ、
父の名を継ぎ2代目中村獅童の名を名のり、歌舞伎座の舞台に立つことができました。
もちろん才能もあったでしょうが、かなりの努力家であったのではないでしょうか?
そんな、境遇からか歌舞伎役者だけでなく、俳優業にも積極的に挑み、
今では誰からも一目置かれる存在として地位を確立させました。
高校時代はバンドに熱中し演劇学科に大学進学、
歌舞伎だけにとらわれず、自己表現の道を模索されていたのだと思います。

そんな中村獅童さんでしたが、女優の竹内結子さんと一度は家庭を築かれて、お子さんも一人おりました。
しかし、残念ながら結婚生活は破局してしまいます。
それでも、2015年新しい奥様と巡り合い、今回闘病生活を支えられたのは妻の沙織さんでした。
その沙織さんにも新しい命が授けられ、今年12月末には出産という嬉しいニュースが今回同時に発表されました!
今回の発表は中村獅童さんにとってもファンにとっても2重の嬉しいおしらせですね!
おなかの赤ちゃんはまだ男の子か女の子かわかりませんが、
「どっちでもうれしい」と獅童さんも手ばなしで喜ばれています^^
歌舞伎役者としても、パパとしても、今後の活躍が楽しみでしょうね!

一度は「一番パパらしくない芸能人」なんて代表に選ばれたこともある中村獅童さんですが、
きっといいパパになってくれると期待します!!!

中村獅童の嫁沙織さん妊娠!出産予定日はいつ?お家騒動は起こるのか?

中村獅童の嫁が12月出産で子供は男の子?女の子?復帰公演とダブルおめでた!!が

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。