プエラリアミリフィカで子宮癌や婦人科系がんリスク?副作用で重症例は本当?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!
今日もいい天気です!!
夏はワタシの大敵です!
夏らしい露出できるボディでもないし、しみできるし;;

ところで、プエラリア・ミリフィカという植物からとったサプリが
健康被害を及ぼす可能性がるとニュースになっていました。
なんでも、サプリの目的はバストアップや美容に効果があるといったものだそうです。
40数年まな板のワタシにはうらやましいサプリだったのですが、
実は有効な成分でもあるけれど、
摂取方法によっては重篤な障害をもたらすと警鐘がならされました。

スポンサードリンク

 

プエラリア・ミリフィカとは??

このプエラリア・ミリフィカという成分は、
タイ北部やミャンマーなどの山岳地帯の植物でマメ科葛族に分類されます。
プエラリアミリフィカの成分は炭水化物のショ糖と食物繊維が主なのですが、
なかに植物性エストロゲン・イソフラボンという成分も含まれます。
エストロゲンとは女性ホルモンのひとつで、普通体内で生成されますが、
それとほぼ等しい植物性由来の成分が含まれるわけです。
これと同じ成分や作用を持つ植物は大豆やザクロなんかもありますが、
その成分が著しく豊富に含まれているのです。
大豆と比較するとその量は40倍ともいわれています。

プエラリアミリフィカの効果はあるの?

美容に敏感な女性ならこのエストロゲン、イソフラボンなどはもう熟知している方も多いかもしれません。
エストロゲンは体内で作用し、女性らしさを作り上げる大切なホルモンです。
この分泌バランスが崩れると、月経不順やPMS(月経前症候群)など体調不良を起こします。
とくに、40代から始まる更年期障害はこの女性ホルモンの分泌が減少し
バランスを崩したことが原因となります。
ですから、この分泌減少を補ってあげることで症状が緩和したりもします。
たしかに、体内で作られなくなってきた女性ホルモンを
外部から摂取しざまざまな効果が発揮せれるのですから、
バストアップや美肌の効果がないのではないのです。
問題は、その副作用にあります。

副作用は危険信号と覚えよう!

更年期外来などできちんと処方される薬剤については成分量などがしっかり管理されています。
また、服用中の副作用が出た場合は体内の毛中濃度を採血で調べることもできます。
それに応じた適正量が決まってきますし、不安なことがあれば医師に相談もできます。
もちろん禁忌のある方にはまず処方されることもありません。

しかし、残念ながら市販で簡単に手に入るサプリは
効果を期待しすぎて摂取容量を超えて服用してしまったり、
個人差のあることが考慮されずに摂取される可能性があり、危険な場合が多くあります。
これはどんなサプリでも同じことが言えます。
ですから最近はサプリ外来なんていうのも病院で開設しているとこともあります。

プエラリアミリフィカもやはりサプリで摂取する場合、
副作用が危険視されているわけです。
摂取の量や仕方では、月経不順、不正出血、肌荒れ、むくみ、肥満、乳腺の異常、
消化器症状、肝障害などの副作用が現れるのです。
一部資料では乳がんなど他の婦人科系癌のリスクも増える、という情報もあるくらいです。
驚くことに、これはサプリが効いている証拠なの驚かないで服用を続けましょう、と
副作用が出ても服用継続を奨励するユーザーがいることです。
効果は本当に人さまざま、個人差があって当然なのです。
もし、その方の無責任な口コミを信じて症状が悪化してしまったら…と思うとぞっとします。

副作用の怖さを知ろう!

特に、危険なのは、子宮筋腫、子宮がん、卵巣筋腫、卵巣がん、乳がんなどで、
これらは女性ホルモン野刺激を受け進んでいく病気なのです。
ですから、若い方の方が進行が速いと一般的に言われています。
怖いのは知らずにサプリの服用を続け、女性特有の病気の進行を速めてしまう危険性です!
これらの病気は本人が気が付かないうちに発症していたりします。
悪性でなくても子宮筋腫があることに気が付かず、
妊娠して診察を受け初めて知った、なんて人もおおいですし、
若い人で筋腫などを持っている人は意外に多いのです。
この場合は無症状なのがほとんどであったり、初期症状は不正出血、月経不順などで、
これらの症状が出て放っておけばどんどん進行してしまいます。
下手すれば、良性だって手術が必要となる場合もあるし、
最悪の場合、妊娠困難になる場合だってあります。
他には、糖尿病や肝障害など基礎疾患がある方は特に注意です。
実際、糖尿病、肝障害の方が使用して死亡したケースもあるくらいなのです。

賢くサプリを利用しよう!

今はドラッグストア、インターネットなどで簡単に手に入るし、
日本の規制基準に満たない海外のサプリだって手に入ります。
やはりサプリの摂取は有効だけど、リスクも高いということを
十分理解したうえで賢く使っていく必要があります。
少しお金はかかっちゃうけど今飲んでるサプリの飲み合わせを考えてくれるサプリ外来や、
副作用かな?と思ったらすぐ服用をやめる、
心配なら病院を受診してみる、
ということもサプリの普及とともに常識化してくれるといいと思います!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。