どうぶつしょうぎ(動物将棋)のルールや値段は?口コミや評判が話題!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

おはようございます!
昨日は七夕でしたね!
我が家でも、笹の葉を飾って短冊吊るして、お願い事を書きました。
3歳の3女はお願いごとに「小学生になったらねえねになれますように」
ああ、ねえねのこと大好きだもんね^^
小3の次女は「パパとママが長生きできますように」
自分のことじゃないんだ!!Σ(゚Д゚)
確かに、いつも人のことばかり心配している優しい子だからね…
がんばって長生きするよ…^^;
子どものお願いごとってオモシロイですねw

スポンサードリンク

さて、そんな子どもたちの教育をしなければならない親にとって
一緒に遊びながら楽しく学べるステキなアイテムをみつけました!!

その名も「どうぶつしょうぎ」!!

最近の最年少13歳の藤井4段活躍ですっかり将棋ブームとなりましたね!
将棋は先の手を読むので論理的な考えや、想像力などを伸ばしてくれる、
とってもスゴイゲームです!!
でも、ちょっとむずかしそうで…子どもにはムリかな?
なんて、思っている方も多いと思います。
または、子どもにやらせたいけど全然興味を持ってくれない、なんて方も多いでしょう。
でも、この「どうぶつしょうぎ」なら、4歳から遊べるんです!!

どうぶつしょうぎは、大きなコマに、大きなマスでできています。
ぞうさんやライオンさんの絵が描いてあって、3X4の12マス。
これなら、いきなり漢字で「銀」とか「歩」とかないので
ハードルはかなり低いですし、
コマもライオン=王、ぞう=角、キリン=飛車、ひよこ=歩(相手の陣に入ると裏返りニワトリになる)この4種類!
コマも少なく、マスも少ないので、1プレイ10分くらいで勝負がつきます。
これなら子どもも飽きないし、ママもつきあいやすいですね^^

コマの動かし方は、コマのまわりに動ける方向にマークがしてあるのでみながらで大丈夫!
普通に並べてひとコマずつ動かして、相手のライオンさんをキャッチするルールと、
相手の陣にライオンさんを置いてとられないようにするトライの2種類で守りも学べます!
そして、シンプルですが、ちゃんと定石もあり、
繰り返しやっていくと子ども自身が定石を発見できる!
勝負事ですから勝ち負けがあります。
負けて悔しい気持ち、それを克服して次へ向かう気持ちを育てる、
これは、教育の重要な部分とも言えます。

最初に考案したのはプロの棋士さんだそうですが、きっと子どもたちに
どうしたら将棋を好きになってもらえるかって真剣に考えられたんですね!
そして出来上がったのが「どうぶつしょうぎ」という商品になったわけです。

我が家でもさっそく買ってみようかな?
と、でも、次女は小3。
ちょっと遅いかな…?
と、思っていたら、他にも種類がありまして、
5X6マスで手持ち8コマの「ごろごろどうぶつしょうぎ」と、
本当の将棋と同じ9X9マスで、コマ数20コマ、「大きな森のどうぶつしょうぎ」もあるんですって!
お値段は
「どうぶつしょうぎ」4000円
「ごろごろどうぶつしょうぎ」9200円
「大きな森のどうぶつしょうぎ」10950円
です!
子供のおもちゃとしてはちょっと高い、と思われる方、
Amazonやオークションになどで少し安く手に入れることができます!
もっとお安いのが良ければ、スマホ無料アプリでもダウンロードできます!
でも、スマホアプリだと一人遊びになってしまうので、
コミュニケーションや相手の雰囲気を読み取る洞察力を学ぶ部分ではちょっと足りなくなってしまいそう。
そんな心配がある方は、次の一手!
手作りクラフトで作ることもできます!!
厚紙とマーカーなどで簡単に作れるはず!
絵が苦手な方は画像をダウンロードして貼り付ける
立体型のコマをダウンロードできる株式会社ブラザーのサイトもあります!
ちょっと試しに手作りでやってみて、子どもが興味を持ったら本物を買うっていうのもありですね^^

口コミや評判
実際使ってみた方によると、3歳くらいまでだと簡単なルールでも理解はちょっと大変で、
積み木代わり、ドミノ代わり、となってしまうようですが…。
でも、触れ合っていくうちに、自然とルールを覚えてしまったりするかもしれませんね!
意外にこれまた、親がハマってしまうことも多いみたいですよ^^

そして、「どうぶつしょうぎを育てるかい」ではこんな注意点がかいてありました!
子どもが進め方などで間違ったとしても、逐一正しいコマの進め方で「それは違うよ」「そこはダメ」と
指導してはダメですね!子どもの想像力や発想力の芽を積んでしまいます。
「一歩ずつだよ」とか「点の向きに動かすよ」とか、アドバイス前向きなアドバイスは必要ですが…
子どもが間違った方向に向けたとしても「そうしたいんだね」くらいの気持ちでいるのが大切なようです。
これなら大人も大いに学ぶことがあるかもしれません^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。