中道博(3ツ星シェフ)のレストランビブレと美瑛料理塾の評判は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

おはようございます!
今朝はやけに眠いです~
お休みなんだけど、今日は去年から通っているアロマテラピーのスクールに行かなくては…
ここ数ヶ月、忙しくていけなかったから、久しぶりにいけるので、
楽しみ~ルンルンです^^
切らしていた、ラベンダーウォーターも買ってこよう♪
この、ハーブウォーターってスゴイんですよ!
ラベンダーの精油を作る過程ででる、ラベンダーの成分を含んだ水分がハーブウォーターと呼ばれるんですが、
精油よりはちょっとフレッシュで、優しい香り。
消臭効果や、雑菌繁殖を防いでくれたり、虫歯予防にも効果あり^^

スポンサードリンク

ああ、今日のネタを忘れるところだった!!!
そんなラベンダーの聖地北海道の富良野の近くに美瑛という街があります!
そこでフレンチの料理職人を育てる学校とパンの美味しいレストランを経営する
中道博シェフをご紹介です!!!

中道博シェフは北海道札幌のラパンフーズのオーナーシェフでもあり、
そのフレンチレストランは2012年、2017年にミシュランガイドで3ツ星を獲得しました!!
フレンチシェフの実力は確かなものですね!!!

プロフィールと経歴をみてみましょう♪

プロフィール
中道博(なかみちひろし)
生年月日:1951年
出身地:北海道登別市
出身高校:室蘭高校

経歴:
1969年 高校卒業後辻学園日本調理師学校に進学
1970年 札幌グランドホテルに料理人として入社
1974年 23歳でフランスに渡り、3ツ星レストランで修行
1977年 帰国し札幌グランドホテルで再び修行
1982年 オーストリアで開催された世界料理コンクールの日本代表で出場し、金賞受賞
1984年 33歳で独立し、フランス料理店「モリエール」をオープン。
2006年 ザ・ウインザーホテル洞爺の顧問に就任
2008年 北海道洞爺湖サミットでの料理を担当する!
2011年 60歳で農林水産省の顕彰制度「料理マスターズ」に認定される。
2012年2017年にはミシュラン北海道版にて3ツ星獲得!!

ミシュランの星は
1ツ星 そのカテゴリーで特に美味しい料理
2ツ星 遠回りしても訪れる価値がある素晴らしい料理
3ツ星 そのために旅行する価値がある卓越した料理

レストラン「ビブレ」の評判

「北瑛小麦の丘」には「レストラン ビブレ」があり、パン工房、宿泊棟が併設されております。
宿泊施設は1室2名夕食付き1名様から2万3,700円~
ダイニングの入り口にあるパン工房では石窯パンがテイクアウトできるんですって!
お食事だけ楽しむもよし、泊まってじっくり楽しむもよし^^
ここ「レストラン ビブレ」地元道内の中でも口コミ評判良く、石窯で焼くパンには定評があり、
小麦の香りに惹きつけられリピーターになる方も多いのだとか!
そして、近年では道外からも全国各地からウワサを聞きつけた食いしん坊たちがはるばる訪れて来るそうです^^
まさに、旅行してまで行きたいレストラン3ツ星ですね~^^
いつか行ってみたいです♪

美瑛料理学校とは?

ところで、中道さんのお父さんは仏像に金箔を貼る仕事をする職人さんだったそうです。
そのお父さんの職人魂を引き継ぎ、息子のご自身は料理職人の道を選ばれたそうです。
さて、そんな中山博シェフが作った美瑛料理塾についてもご紹介したいと思います。
これは料理人としての職人魂を後世に引き継ぐために、始めた事業です。
美瑛料理塾は北海道上川郡美瑛町、旧小学校の校舎を利用してつくられた北瑛小麦の丘にあります。
そこは全国から集ってきた料理人のたまごたちが生活する寮があります。
寮生たちは、ここで料理の技術、理論、そして料理人としての魂を学ぶのです。
2018年塾生の募集がありました!
費用が月額80,000円(寮費、食事代、光熱水費、ユニフォーム代、教材費)
そして、料理人のたまごとしてそこで働く時給は750円!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。