カルロスケーの本名や家族が知りたい!年収やハーフなのか経歴も調べた!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今日は土曜日で職場は静かでした。
特にトラブルもなく無事お仕事終了!
ピールでも美味しくいただきますか
テレビでやっていた簡単ダイエット、フリパラダイエット
さっそく職場女子みんなでやってます^^
ただし、食後はおなかが痛くなるのでやめた方がいいです!
知らない人はぜひやってみて!
簡単だけどチョー腹筋が痛くなります!
みんな、ウエスト細くなっちゃうね♪

さて、今日はカルロス.K(Carlos K.)さんについて書きたいと思います!
知っている人はきっと音楽大好きっこですね^^
外国の方?
違うんです!

日本の作曲家、編曲家、音楽プロデューサーという肩書の方でございます!


このお名前、外国人かな?日本人?なら、ハーフ?って思っちゃいますよね!
でも、日本人なんですって!
実は、ブラジル出身の日系2世で、ハーフでもなく、純日本人だそうです^^
1985年生まれで、子供のころからピアノを始め、1991年に日本に帰国。
その頃から作曲や油絵も始めたようで、藝術肌の方なんですね!
なんと、13歳ですでにシンセサイザーで楽曲制作をされていたそうです。
その後明治学院大学文学部を卒業されております。
卒業後再度ブラジルに渡り、音楽活動を行って帰国。
DTMを本格的に始め、R&BやHIPHOPのトラックの制作を行い、油絵と合わせ、企業向けのcm企画や制作、映画音楽、ファッションPV音楽などの活動を幅広く展開しました。
最近では数多くのメジャーアーティスト、テレビCM、アニメ、映画の音楽制作と、海外アーティストやクリエーターと共同制作を行ったりしています。
また、乃木坂などの楽曲提供もされています。
2015年にはオリコン年間ランキング1位を記録しています。
2016年には、西野カナ「あなたの好きなところ」で日本レコード大賞を受賞しています。

そんな彼の原点はなんと、ピアノを教えてくれる母に怒られたくなくて、譜面が読めないけれども耳コピでピアノを弾いていた、なんてビックリするような過去にありました!
そこから、作曲する感性が磨かれ、音を聞いて脳で組み立てる作業ができるようになったというのです!

日本に6歳で帰ってきた彼は二十歳の時「夢が持てない」と再びブラジルへ渡ります。
そして、貧しくても夢を追って音楽を続ける若者たちを見て、
自分の恵まれた境遇に気が付き、再び日本で音楽活動を真剣に始めたのだそうです!

そして、今では日本に収まらず、世界で活躍する音楽プロデューサーとして活躍されているのです!

意外と、日本の若者って、自分がどれだけ恵まれた境遇のいいるかって知らないもんですよね。
すべて、そろっているのがあたりまえになってしまって、
チャンスがどれだけ転がってるかなんて考えもしないで
自分に言い訳をするために自分からチャンスに背を向けてしまう!

この人の生き方を見ると、自分が背を向けてきたチャンスに気が付き恥ずかしくなってしまいます!
意外と一歩踏み出してみたら道は開ける!
ワタシも年齢を言い訳にしないでこれからでもいろいろチャレンジしてみようと思います!!!

さて、それで、業界で引っ張りだこのカルロス・Kさんですが、現在30代前半。
ご結婚はされているのでしょうか?
調べてみたところ、独身であるようです、
が、かなり女性にもてるよう。
しかも、日本人女性のみでなく、海外であってもそのモテ方は完璧みたい。
女性を完璧にエスコートできる男性、憧れますよね❤

ご家族についても調べてはみたのですが

カルロス・Kさんが6歳で帰国した際、お母さんと一緒であったようですが、
お父さんはブラジルに残ったのか、
ご兄弟がいるのか、は不明でした。
ごめんなさい。

年収については

一般的にはもちろんピンキリだそうで、売れている方で数百万~、作曲などしている人は1億数千万円というところらしいです。
B’sクラスで4~5億円、山下達郎クラスで2~3億円だそうで、
カルロス・Kさんは数々のヒット曲を作っていますし、海外でも活躍されているので、まったくの推測ですが7500万~1億円くらいは稼いでいるのではないでしょうか?推測ですよ、推測!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。