アカカミアリとヒアリの違いや見分け方は?刺されたときの症状と対処法を知っておこう!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

毎日曇った日が続くと気がちょっと滅入ってきますね><
子どももなかなか起きてくれないし、傘は持って歩かなきゃいけないし…
でも、この頃天気予報はほんとに細かくて当たってるんだか当たってないんだか…
まあ、あくまで予報ですからね^^
もうすぐ梅雨明け、あと一息ですね!
今日も一日気合い入れていこー!!!

スポンサードリンク

今朝テレビで観たニュース、新たに毒性のあるアリが発見されましたね!
今度はアカカミアリというアリだそうです!
先日も危険なアリ「ヒアリ」について書いたので少し比べてみようと思います。

アカカミアリとヒアリ

アカカミアリはハチ目(膜翅目)・アリ科・フタフシリア亜科に分類されるありです。
お尻に毒針を持ち、刺されると痛みと腫れ水疱を形成する、かゆみや動悸などが引き起こされまれにアナフィラキシーショックによる死亡の可能性がある。
分布:北米、中南米、ッ世界各地の熱対から亜熱帯に分布。
日本では小笠原諸島の硫黄島、沖縄・伊江島の施設軍施設周辺に定着しているんですって。。

ヒアリ(別名:アカヒアリ、火蟻)はハチ目スズメバチ上科アリ科
体長:2.5~6ミリ
全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色。
お尻に毒針を持ち、刺されると強い痛みと腫れ、かゆみや動悸などが引き起こされアナフィラキシーショックによる死亡の可能性がある。
性格は非常に獰猛で、何度も毒針で相手を攻撃する。
分布:南米原産であるが、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、台湾、中国南部に急速に生息地が拡大している。
世界の侵略外敵ワースト100に指定されている。

ヒアリとの見分け方

アカカミアリ 体長3~5㎜ 脚、お腹、胸に毛が多い

ヒアリ 体長2.5~6㎜ お尻が暗色

ちょっと見たことないと見分けるのは難しそうですね^^;

ヒアリに刺されたときの症状
軽症:刺されたときは激痛が走り、後に痒みを伴います。半日ほどで膿が出てくる。
中等度の症状:刺された数分後から数十分後に刺された部分を中心に腫れ上がる。水疱ができることもある。その後部分的、または全身に蕁麻疹がでる。
重症:刺された数分から数十分の間に、息苦しさ、激しい動悸、意識消失などを起こす。
呼吸困難に至るアナフィラキシーショックの初期症状は息苦しさなどの呼吸症状以外にも、声のかすれや、手の震え、吐き気などがある。

アカカミアリに刺されたときの症状
アカカミアリも刺された場合、強い痛みと痒みが生じ水疱が形成されたり、後に皮向けが生じます。
ときに息苦しさや動悸を感じた場合はアナフィラキシーショックの可能性があります。

刺されてしまったら
ヒアリ、アカカミアリともにアナフィラキシーショックの可能性がありますので、2、30分安静にして、体調の変化がないかを注意して観察します。
体調の変化を感じたらすぐに病院受診する!(なるべく救急受入れがある病院)
病院では受付で必ず一番先に「アリに刺された」ことと「アナフィラキシーショックの可能性がある」ことを伝える。

殺虫剤による駆除も可能ですが、ヒアリ、アカカミアリが発見されたら、地方環境事務所というところに通報する必要があり。

まとめ:
アカカミアリはヒアリより攻撃性は低いが、巣を刺激すると集団で攻撃しときにアナフィラキシーショックに至ることもあるそうです。
ヒアリとの違い
アカカミアリ 体長3~5㎜ 脚、お腹、胸に毛が多い

ヒアリ 体長2.5~6㎜ お尻が暗色

アカカミアリの毒性もヒアリほど強くないので死に至るケースは少ないと言われます。
それでもアナフィラキシーショックの可能性はゼロではないので、万が一噛まれたときは容態に注意し病院受診をしましょう!

 

ブラウジングアント(ハヤトゲフシアリ)の毒被害や対処について!生態系の危機!


ヒアリ(火蟻)の毒性や特徴は?初期症状やアナフィラキシーショックが怖い!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。